FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキゾチカに行ってきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

皆様、こんばんは^^

やっと2日目に入ります^^

前日飲みまくりで喉が乾き目が覚めますが

二日酔いで頭も痛く昼過ぎまで寝てました(^_^;)

昼過ぎに起きてバイクで女の子をアパートまで送って

ホテルに戻りコーヒータイムです。
12110101.jpg

これからどうしようかなと考えましたが

まだ二日酔いも残っていて遊ぶ元気もありません(^_^;)

前日のRioja Clubの行き方を撮ってこようと思い

バイクで出かけます
12110102.jpg

一度WSにでてから写真を撮り始め
12110103.jpg

この時に撮った

Rioja Clubの行き方はこちらです


到着してとりあえずここまで来たのでコーラ1杯だけ飲み
12110112.jpg


Rioja Clubを後にしてエキゾチカに向かいます^^
12110104.jpg

ちょうどキンナリーパレスにいく途中にあります。
12110105.jpg
ので次回の記事で一応地図とわかりやすく

行き方をUPしてみます(^^)

Pattayaの動画はこちら
キングオブタイナイト
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

Exotica Club Pattaya 行き方

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

2日目の昼はジェントルマンラウンジ系の

Exotica Clubに行ってきました(*^_^*)

ラウンジで飲み物を飲みながら

気に入った子がいれば別部屋にてHができるシステムです。



料金はどこもあんまり変わらず

部屋代350バーツ 女の子へのチップ1000バーツです。

飲み物も比較的安いのでGOGOが開く前に

ツーリングのついでにちょっと1発という感じがお気に入りになってきました^^

soi6も捨てがたいですがせっかくバイクを借りるなら

離れたところも見てみたいということで

調べて行き始めたのがきっかけです^^



行き方はほぼキンナリーパレスの途中になりますので

記事は過去の記事を流用させていただきました。

いわゆる自分の記事をパクるというやつです(^_^;)

≪Exotica Club Pattaya≫
12110105.jpg

それでは写真付きで説明させていただきますので

ぜひ参考にどうぞ(*^_^*)

距離があるので僕はバイクで行ったのですが

レンタルバイクで行くかそれともバイタクで行くか

ソンテウを貸し切って行くかが最善の方法と思います。

パタヤが初めての人でもわかりやすいように

ウォーキングストリートの入り口から御説明させていただきます。

11110117.jpg

まずこのウォーキングストリートの入り口を

入らずに左折します。

左折すると
11110113.jpg

こんな感じですね。

上の写真の中央のコダックを過ぎてすぐのところ(セカンドロード)の交差点を右折します。




右にソンテウがいっぱい止まってるのでわかると思います。
11110115.jpg

右折するとこんな感じです。
11110112.jpg

あとは簡単です。

坂を越えたファミリーマートまで

ずっっと道なりです(*^_^*)

Pattayaの動画はこちら
">Pattayaの動画はこちら

soi LKメトロへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

さて前々回の続きになります^^




ホテルに戻る前に腹ごしらえを^^

soiダイアナインとsoiブァカーオの交差点の角のところにある

ハンバーガー屋とパスタ屋の屋台で食事です。

屋台の後ろで食べてもOKです^^
12110601.jpg

ハンバーガーは以前食べたことがありとても大きかったので


ホットドックと
12110602.jpg

ミートスパを注文して
12110603.jpg

ホットドックはパンまで食べれないので

中身のソーセージだけ食べて

パスタはぺろりと完食しました(^^)

美味しかったです(^^)


ホテルへ戻りシャワーと着替えを済ませ

今夜はLKメトロとsoiブァカーオの散策です^^
12110604.jpg

まずはsoレンキーからsoiブァカーオを右に曲がります~(#^.^#)
12110605.jpg

Pattayaの動画はこちら
キングオブタイナイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。